在来種の大豆から、極濃豆乳ができました

写真左上が生の青大豆、右が豆乳、下が納豆です
写真左上が生の青大豆、右が豆乳、下が納豆です

  本日初めて入荷した青大豆「金砂郷青御前」。

  在来種です。

  

  せっかくなので、水煮にして、そこから豆乳

  を作ることに。

 

  水煮も鍋でコトコトバージョンと、炊飯器で

  作る方法の2タイプで試してみました。

  短時間でできるのは鍋。ただし、炊飯器なら

  付きっきりじゃなくても良いですから、お手

  軽ですね。味に大差はないような。

 

  煮上がった大豆を冷ましたら、あとはミキサ

  ーに投入するだけ。

  低速タイプのジューサーでじっくり、ゆっく

  り、大豆を絞り出しました。

 

  出来上がった豆乳が写真右上です。とろっと

  していてクリーミー。たぶん市販のものは濾

  過されているのでしょう。

 

  知らなかった大豆の香り、滑らかなとろみ、

  青臭さや違和感のない、深い味がしましたよ。

  よくできたポタージュ、という感想も試食会

  からは出ました。

 

  その美味しさに真っ先に若いミオさんが反応。

  「そのジューサーはいくらですか?」

  むっ、ジューサー狙いとは意外な目の付け所。

  しかし、本当の美味しくした犯人は別にいた。

  ジューサーを掃除しようっと、廃棄物と化し

  た「おから」をつまんでみた。えっ、これがぼ

  そっと雑巾のような後味いまいちの「おから」

  と同じもの?ということは・・・・、部品に着

  眼すると、あるはあるは「おから以前」がこび

  りついています。迷わずつまむ。当然美味しい。

  大豆、豆だけの味。

 

  ジューサーの性能のせいではなく、大豆の底力、

  豆の力に感服させられた1日でした。感服です。

 

  自家製豆乳は別世界ですよ。

コメント: 1 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    小橋 広行 (木曜日, 16 6月 2016 06:46)

    初めまして
     青御膳についてお伺いします
     豆の色は青ですか?それとも黄色ですか?
     掲載されてます色は黄色に見えます
     ご返答願います。