尖がり「ミサキ」が帰ってきました

つやっつや。葉が剥きやすいもいいですね

今年ほど猛暑が恨めしかったことはなかったの

では。尖がって、三角のフォルムが愛おしくっ

て、なんて野菜だ、と嫉妬させるほどのキャベ

ツがミサキ。

 

しかも、食味もいうことなし。文句のつけよう

のない完璧なキャベツ。なんといっても線切り

プラス軽いドレッシングか、醤油が似合う葉が

命のキャベツ。

 

それがあの酷暑で育たなくなった。それがあま

りに早い別れとなり、何度も何度も生産者の郷

子さんらに懇願したものだった。「1個でも結

構なんですがミサキは・・・・」と。待つこと

4か月強。見事に帰ってきてくれました。

 

かなりの新手菜手法で栽培したらしいミサキ、

入ったのは1個。しかも行き先は決まっているの

で当然口には入らない。まあ残酷な話です。残酷

ついでに、ミサキは虫がつきやすく育てるのはか

なり厄介らしい。手がかかるんだから。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。