生命現象がわかれば、サプリも健康幻想も手放せそう

ード・ウ・テ・キ・ヘ・イ・コ・ウから眺めるとー

生命は構造ではなくて「流れ]。硬直は命取りですよ
生命は構造ではなくて「流れ]。硬直は命取りですよ

 

コンドロイチン硫酸を摂っても膝通の

回復は望めそうにもない。その理由は、

消化器官でアミノ酸に分解されてしま

い、軟骨基底成分として期待されるコ

ンドロイチン硫酸はそのままの形で膝

に届くことはないからです。こうした

健康幻想を一掃してくれそうなのが、

この1冊。

 

タンパク質は消化管でアミノ酸に分解

され、血液を介して身体を駆け巡り、

細胞の再生に活かされる。

合成と分解の絶え間ない「流れ」(動

的)の中で自らを作り替え、環境との

平衡を保つ、生命のこうした様を「動

的平衡」と著者は名づけた。

 

「秩序あるものは全て乱雑さが増大す

る方向に不可避的に進み、その秩序は

やがて失われていく。すべては摩耗し、

酸化し、ミスが蓄積し、やがて障害が

起こる。生命はこのエントロピー増大

の法則を先回りして、自らを壊し、再

構築する“動的平衡”」、これが生命が

獲得した生き残りの戦略のようです。

 

ただし、動的平衡もストレスは大敵。

「食物の中に生物の構成分子以外のも

のが含まれていれば、私たちの身体の

動的平衡に負荷をかけることになる。

それらを分解し、排除するために余分

なエネルギーが必要となり、平衡状態

の乱れを引き起こすからである」

 

着色料、香料、保存料、酸化防止剤な

どの食品添加物が平衡状態を乱し、身

体に負荷がかかるようでは、いつか身

体が反乱を起こしかねないと考えちゃ

いますね。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。