中身も吟味、見直してはいかが?

耕作放棄地の活用と、規模の拡大に夜効率農業を推進するーー、

一挙両得を成立する機構として、法人の農業参画が期待されていようです。

 

大きな資本で、新たな農業の開発も進められるなど、期待は大なんですが、一つの視点がかけていますよね。

 

「それで安全なの?」

 

例えば、水耕栽培。天候不順による不作,凶作を回避できる救世主であり、農薬も使わない。しかし、栽培される種や苗はどこ

から、どんなものなのか、添加される“栄養剤”の内容が企業秘密だったり、非公開だったり、薬品漬けじゃないの?と勘ぐりたくなる栽培方法だったり。

 

波及効果も大きいだけに、今後も行く末に注視していきたいですね。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。