1か月前の小松菜, 旨みが加速! 美味さの決め手は鮮度より熟成?

 

朝採り野菜は新鮮でおしいい!?

 

そんな迷信をひっくり返す野菜だけを扱っているので、せっかくですので論より証拠をご覧にいれましょう。

 

1か月前に仕入れたク―ちゃんの小松菜を茹でてみました。一番外側の葉っぱさすがに黄色化していました。

 

                       味を見てみます。

                       1か月前は少しだけえぐみを感じま

                       したが、今度は全くそれもなし。1

                       ヵ月の間に糖度がさらに上がってい    

                       るようです。

                       さらに、旨みも加速しています。

                       

                       しっかり光合成をしてじっくり育て

                       られた野菜(無農薬・無施肥栽培)

                       の場合ことに、収穫後に野菜の細胞

                       が壊れに従って,細胞から旨みがど

                       んどこどんどこ出てくるようで、日

                       が経つと逆に旨みそのものは増加し

                       てくるようです。

 

                       水分は喪失した上に甘みと旨みが増             

                       える。これでおしくないはずがない

      

                       名付けて ❝熟成野菜❞ 。

                       野菜をおしいくしたいなら、無農薬

                       で無施肥栽培の野菜を熟成する、の 

                       が一番。

            

                          

            

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。