木の芽どき、

 

活躍の時間を待ちわび、眠っていた

身体の機能という機能を呼びさまし

スイッチをオンにしてくれ、

その上、良いこと尽くではない厄介

物から身体を守ってくれる、木の芽

土器の植物。

 

そのありがたみを改めて感受する幸

                 福なひと時です。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。