菜っ葉再考

 

福岡、京都、そして中国・山東省。

 

原産地の違いが味わいも変えてしまうのか

定かではありませんが、

菜っ葉、と一口ではくくれない多彩な味わい

を、探って頂けたらしあわせです。

 

さっと湯を潜らせ濃厚な汁椀に合鴨と合わせる、合わせ味噌の汁に旨みが引き立つ、塩もみした後に生姜醤油で和える等々、組み合わせの世界は無限大です。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。